HOME > 査証・招聘状・関係手続

サハリンへの渡航に関わる主な諸費用

 ご旅行代金とは別に以下の諸費用が必要となりますが、個人で準備される場合は事前に
 お知らせ下さい。
1.招聘状・査証代行申請手数料
2.ロシア出入国記録カード代行作成費用
3.ロシア税関申告書代行作成費用
4.海外及び国内の通信費(実費)
★弊社では、1・2・3のみの代行手続きは行っておりません。

サハリンへのロシア査証(ビザ)申請に伴う必要関係書類

1.パスポート(原本が必要。)
2.写真(縦4.5×横3.5)1枚 6か月以内に撮影されたもの
3.ロシア査証電子申請申込書(弊社で申請代行を承る場合漏れなくご記入ください。)
4.旅券(パスポート)の残存有効期間は6か月以上とし、見開き1項以上。

現地通貨

1.ロシア(サハリン)への外貨の持込み制限はありません。(但し、1万ドル相当以上の外貨を持ち  込む場合は、税関申告が必要となります。)

査証手数料表「平成28年1月現在」(在日ロシア連邦大使館HPより)

査証の種類 申請日から受領日までの間(ロシア大使館/領事館の労働日)*
申請日を含め6労働日目〜10労働日目取得 申請日を含め4労働日目〜5労働日目取得 翌々日 翌日
観光・通過 4,000円 4,000円 10,000円 10,000円

*労働日は,査証の発給のために必要な申請書及び文書の受領の日から起算。
申請して2週間後取得で無料です。
申請から受領までの間に休日又はロシアの祝日による休館日をはさむ場合は、休館日数だけ受領日が延長されます。
無料申請は日本国籍者のみ無料となります。日本以外の国籍の方は領事手数料が必要となりますのでご了承下さい。 

ダウンロード[PDF]

・今のところご案内する関係文書はございません。

▲ページトップに戻る